【児玉光雄】図解 すごい集中力

“できる人”と“できない人”との差は、「集中する習慣」を、正しく身に付けているかだけ。「やる気」を引き出し結果を出せる人のメンタル強化法を紹介。誰でも1分!仕事、勉強、スポーツにすぐ効く。(成美堂出版HPより引用)

ここ最近、自分の集中力の持続時間の衰退を感じて。児玉光雄氏の「図解 すごい集中力」を読む。著者は、「人間は、集中する習慣をみにつけることにより、心の“集中力という筋肉”を発達させることができる」と論じる。集中力=胆力と思っていたので、集中力=筋肉と考えると、鍛えることでの持続時間延長を期待できる気がする。

 

第3章:どうすれば集中力を鍛えられるのか?
より、ポイント抜粋してみると。

●目標を立てることで集中できる
●目標は必ず具体的に数値化
●大きな目標は細かく区切って
●最適な目標設定が集中力を引き出す
●否定的な言葉を意図的に使わない
●ポジティブな言葉で脳をだます
●何事もにすぐに取り掛かる
●嫌なことから先に手がける
●整理整頓の習慣をつける

うむうむ、当たり前のビジネス慣習をきちんと取り組めば、集中力を鍛えられる!ということ。やはり、何事も原理原則に起因するという事実を再認識させてもらった。

 

また、集中力を維持できるのは“90分”が限度とのこと。90分を目安に休憩したり気分を変えたりして、リラックスすると次の90分の集中が実現するようなので、1日のタイムスケジュールを90分単位で考えてみるのも良いかもしれない。

 

巻末に、著者から読者への言葉の贈り物があり。明日の仕事への意欲が増幅する心持ちになった。私たちビジネスパーソンは、いつまでもチャレンジャーでいなければならないね^^

“不可能”の反対語は、“可能”ではない。

“挑戦”だ。

 

 

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
仕事ノートを気に入ってもらえたらチェックしてみてください^^

こんにちは、平蔵(へいぞう)です。仕事ノートは、日々の仕事に役立つ情報をお届けしています。仕事はゴールなきマラソン、いろいろな方の日々の仕事にお役に立てればと思います。

>>平蔵(へいぞう)のプロフィール

※2010年4月~2012年3月はFC2ブログのほうで更新していました。

RSSに登録

更新情報を簡単にまとめて配信しています。よろしければ、Googleリーダーなどに登録してみてください。


Facebookで共有

今、話題のFacebookの楽しさに気づいた今日この頃です。Facebookでもつながりを持てると嬉しいです。


Twitterで共有

Twitterでは、約3.000人の方々とつながることで出来ました。いろいろと情報共有できればと思います。


メールで購読

記事を1日分まとめて無料でメール配信しています。 下のテキストボックスにメールアドレスを入力して、購読するをクリックしてください。

スポンサードリンク

フェイスブックもチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に