【神社探訪】出世開運の神様 豊國(ほうこく)神社

 

今夏の家族旅行は大阪へ。大阪城にある豊國(ほうこく)神社は「豊臣秀吉公・豊臣秀頼公・豊臣秀長卿」を奉祀する神社へ参拝。昔から飲みの席で、信長・秀吉・家康の3人の内で誰が好きか?という話題になったら、豊臣秀吉と答えていたので、事業成功のためのお願いをして来た。

 

大阪城 豊國(ほうこく)神社

明治元年、明治天皇が大阪に行幸になった砌、国家の為に大勲労のあった豊太閤を、この大阪の清浄な地に奉祀する様にと仰せ出されたので、種々熟議の結果、明治六年に京都の阿弥院峯墓前を本社として社殿を造営、大阪には別格官幣社豊國神社の別社として中之島字山崎の鼻(現在の中央公会堂の地点)に、明治12年11月に創立されたました。(中略)その後昭和31年大阪市より神社移転の要望が再開されたので、祭神に縁のある大阪城内を移転地と決定し、昭和36年1月中之島より奉遷したのが現在の神域です。

私が調べた範囲では、豊臣秀吉を祀る神社である豊国神社・豊國神社(とよくにじんじゃ・ほうこくじんじゃ)は全国9ヶ所に存在する。大阪城にある豊國神社(ほうこくじんじゃ)は、京都市の豊国神社(とよくにじんじゃ)の別社として創建されたとのこと。

 

鳥居(西側)

 

鳥居(東側)

 

鳥居(本殿前)

 

本殿

 

秀吉公銅像

 

秀吉公の顔アップ

 

社務所のお守りなど

 

猛暑の中、豊國(ほうこく)神社に参拝させていただいたのだが、境内は澄んだ空気が満ち溢れている感じがして、真面目に事業成功のお願いをして来た。おみくじを引いたら“末吉”だったので、豊臣秀吉から「そんなに簡単には行かない、継続努力じゃ」と言われた気がする。頑張らねば^^

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ:

仕事ノートを気に入ってもらえたらチェックしてみてください^^

こんにちは、平蔵(へいぞう)です。仕事ノートは、日々の仕事に役立つ情報をお届けしています。仕事はゴールなきマラソン、いろいろな方の日々の仕事にお役に立てればと思います。

>>平蔵(へいぞう)のプロフィール

※2010年4月~2012年3月はFC2ブログのほうで更新していました。

RSSに登録

更新情報を簡単にまとめて配信しています。よろしければ、Googleリーダーなどに登録してみてください。


Facebookで共有

今、話題のFacebookの楽しさに気づいた今日この頃です。Facebookでもつながりを持てると嬉しいです。


Twitterで共有

Twitterでは、約3.000人の方々とつながることで出来ました。いろいろと情報共有できればと思います。


メールで購読

記事を1日分まとめて無料でメール配信しています。 下のテキストボックスにメールアドレスを入力して、購読するをクリックしてください。

スポンサードリンク

フェイスブックもチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に