【ドラマ】鬼平犯科帳スペシャル、泥鰌の和助始末を観る

 

 

私と鬼平犯科帳との出会いは、大学生の時分にテレビドラマを観たのがきっかけだった。その後、池波正太郎氏の小説を一気に読み通して、鬼平犯科帳に関係する本を乱読した記憶がある。

 

そして、社会人になって仕事で落ち込む事があると、鬼平犯科帳を1巻から読み返すクセがつく。主人公である長谷川平蔵の生き様が、強く優しい男らしさの意味を教えてくれる。それと、登場人物達の織り成す人間関係の喜怒哀楽が、人間関係の要諦も教えてくれる。私にとって、人生の学びを教えてくれる師匠が長谷川平蔵と尊敬している。

 

今回の鬼平犯科帳スペシャル「泥鰌の和助始末」は、長谷川平蔵の強さの部分ではなく、人情味あふれる人間関係が中心に構成されていた。長谷川平蔵は要所では必ず部下に対して労いの声をかける。やはり、心根の強い人間は、素直に感謝の気持ちを伝える術を理解しているということだろう^^

 

新春大型時代劇『鬼平犯科帳スペシャル泥鰌の和助始末』

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ:

仕事ノートを気に入ってもらえたらチェックしてみてください^^

こんにちは、平蔵(へいぞう)です。仕事ノートは、日々の仕事に役立つ情報をお届けしています。仕事はゴールなきマラソン、いろいろな方の日々の仕事にお役に立てればと思います。

>>平蔵(へいぞう)のプロフィール

※2010年4月~2012年3月はFC2ブログのほうで更新していました。

RSSに登録

更新情報を簡単にまとめて配信しています。よろしければ、Googleリーダーなどに登録してみてください。


Facebookで共有

今、話題のFacebookの楽しさに気づいた今日この頃です。Facebookでもつながりを持てると嬉しいです。


Twitterで共有

Twitterでは、約3.000人の方々とつながることで出来ました。いろいろと情報共有できればと思います。


メールで購読

記事を1日分まとめて無料でメール配信しています。 下のテキストボックスにメールアドレスを入力して、購読するをクリックしてください。

スポンサードリンク

フェイスブックもチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に