【成功ネットショップ】2本目のメガネを買ってもらえるECサイト、JINS

 

昨日、購入したJINSメガネ。ちょっと気になって、JINSについて調べてみたら、通販通信の直近コラムの中で成功ネットショップとして紹介されていた。リアル店舗で強く、ネットショップでも強い、凄いと思う^^

 

 

成功ネットショップ:『JINS』(1)

メガネは、昔から、ネットには不向きの商品と言われてきた。その最大の理由が、度数が分からない、フレームの試着ができないというものだ。しかし、同社は、ECサイトを“サブ”的な位置づけにはせず、実店舗同様、売り上げを叩き出す店舗の1つにしようと試行錯誤を繰り返し、実際に、成果が出始めている。

成功ネットショップ:『JINS』(2)

ECサイトだけで完結させることにこだわらず、全国に146店舗ある実店舗も活用しながら、「ネットも、店舗も」行き来できるしくみを作ったことだ。その象徴が、「レンズ交換券」を同封して送付するサービスだ。

成功ネットショップ:『JINS』(3)

テレビCMによる認知向上、コラボ商品などの話題作りなど、これまで集客に注力してきたこともあり、現在のECサイトは6対4で新規客の割合が多い。

 

「毎月、100種類近く投入するメガネのうち、よりひとりひとりの好みに合わせた商品を提案することは、ECサイトでも、メルマガでも、今後、強く求められていくことだと思っています。購入履歴によるレコメンデーションやパーソナライズメールなど、“次の1本”に結びつけるための施策を、いろいろと模索していきたいですね」

JINSのネットショップが目指すのは、“2本目のメガネを買ってもらえるECサイト”。そのために、幅広い層の顧客に合うように、毎月、100種類近くのメガネを投入して、購入履歴によるレコメンデーションやパーソナライズメールを模索しているとのこと。

 

リアル店舗もネットショップも、事業取り組みの本質は同じであり。対象顧客のひとりひとりに充分な満足を提供できるか?なので、高速回転で商品投入・新しい購入提案・様々なコラボ施策・など、秀逸な事業展開が成功の秘訣なんだと思う^^

 

それにしても、コラボ商品のエッジが効いている。

 

●生活シチュエーション

 

今の差別化は、“パソコンするなら”というPCワークにフォーカスしているのが凄いと思うが。花粉症、就活という季節要因も押さえるあたりは、秀逸だと思う。

 

 








 

 

●企業

 


 

 

●芸能人

 








 

 

●人気アニメ

 

ワンピースまで押さえているのは幅広い年齢層への訴求OK。2010年12月に発売した、アニメ「ワンピース」とのコラボ商品が、ネットショップ波及の起爆剤になったらしい。

 

 





 

 

今ならまだ、チョッパーモデルは買えるけど^^

ワンピースの主要キャラクターのモノは売り切れが多い。

 ↓

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
仕事ノートを気に入ってもらえたらチェックしてみてください^^

こんにちは、平蔵(へいぞう)です。仕事ノートは、日々の仕事に役立つ情報をお届けしています。仕事はゴールなきマラソン、いろいろな方の日々の仕事にお役に立てればと思います。

>>平蔵(へいぞう)のプロフィール

※2010年4月~2012年3月はFC2ブログのほうで更新していました。

RSSに登録

更新情報を簡単にまとめて配信しています。よろしければ、Googleリーダーなどに登録してみてください。


Facebookで共有

今、話題のFacebookの楽しさに気づいた今日この頃です。Facebookでもつながりを持てると嬉しいです。


Twitterで共有

Twitterでは、約3.000人の方々とつながることで出来ました。いろいろと情報共有できればと思います。


メールで購読

記事を1日分まとめて無料でメール配信しています。 下のテキストボックスにメールアドレスを入力して、購読するをクリックしてください。

スポンサードリンク

フェイスブックもチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に