【経済用語】コモディティー化

 

市場参入時には高付加価値を持っていた商品が、普及段階における後発品との競争のなかで、その機能の優位性や特異性を失い、一般消費財のように定着していくこと。消費者サイドから見ると、「どのメーカーを選んでも大差ない、いつでも手軽に購入できる商品」がコモディティー化された商品ということになる。

 

本来、コモディティーとは、日用品あるいは、穀物・鉱産資源など国際市場で取引される一般商品(現物品)のことをいう。特別な機能はないが、市民生活や産業活動に欠かせないため、あるカテゴリーの商品がコモディティー化されると、企業は安定した需要を見こみやすくなる。しかし、価格と物量だけが消費者の判断材料になるため、大量生産による低価格販売を余儀なくされ、高い収益は期待できなくなる。

 

既に多くの分野でコモディティー化が進展しているが、とりわけ近年は、インターネットの普及に伴い、IT 分野でのコモディティー化が顕著になっている。米・評論家のニコラス G.カーは、小論「IT Doesn’t Matter」(2003年)の中で、「ITは既にコモディティー化しており、もはや戦略的価値を持たない」と主張し、様々な論議を呼び起こした。実際、パソコンおよびその周辺機器はもちろん、前世紀末に登場した携帯電話や薄型テレビも、低コストで製造された商品が市場にあふれ、多くの企業が低価格競争を強いられる「コモディティー・ヘル」と呼ばれる状態に陥っている。

 

こうした状況を脱するためには、何が必要なのか。ブランド戦略やプレミアム戦略など、独自の「脱コモディティー化」を図ることが、企業の最重要課題と指摘する声が多い。

 

出典:kotobank – 知恵蔵2012

 

 

熾烈な競争原理の中のコモディティー化された商品ではなくて、独自の脱コモディティー化が競合優位性になるが。なかなか難しいものがある。だけど、コモディティー化の脱却を常に念頭において置かないといけない^^

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ:

仕事ノートを気に入ってもらえたらチェックしてみてください^^

こんにちは、平蔵(へいぞう)です。仕事ノートは、日々の仕事に役立つ情報をお届けしています。仕事はゴールなきマラソン、いろいろな方の日々の仕事にお役に立てればと思います。

>>平蔵(へいぞう)のプロフィール

※2010年4月~2012年3月はFC2ブログのほうで更新していました。

RSSに登録

更新情報を簡単にまとめて配信しています。よろしければ、Googleリーダーなどに登録してみてください。


Facebookで共有

今、話題のFacebookの楽しさに気づいた今日この頃です。Facebookでもつながりを持てると嬉しいです。


Twitterで共有

Twitterでは、約3.000人の方々とつながることで出来ました。いろいろと情報共有できればと思います。


メールで購読

記事を1日分まとめて無料でメール配信しています。 下のテキストボックスにメールアドレスを入力して、購読するをクリックしてください。

スポンサードリンク

フェイスブックもチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に