【経営】スモールビジネスなど新規開業の拡大により経済の活性化を

 

 

スモールビジネスなど新規開業の拡大により経済の活性化を

日本と米国の違いは、企業の寿命年数に出ている。日本では開業してから廃業(倒産)までに平均で12年ほどの寿命であるようだ。一方の米国は、おおよそ6年ぐらいだと聞いた。この数字は口頭で聞いた数字であるのできちっとチェックしていないが、いずれにしろ米国の方が日本に比べて企業の寿命が大幅に短いことは確かなようだ。

 
寿命が短いというのは悪いことのように思う人もいるかもしれないが、そうでもない。中小企業の特徴は多産多死である。多くの企業が生まれ、そして多くの企業が死んでいく。そうした活発な新陳代謝が中小企業の特徴である。米国の方が日本よりもこの新陳代謝がはるかに盛んだということだ。

活発な新陳代謝を繰り返して、差別化のある事業運営を目指す。大企業とは違う、小回りの効く経営効率を追求したいところ^^

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...

タグ:

仕事ノートを気に入ってもらえたらチェックしてみてください^^

こんにちは、平蔵(へいぞう)です。仕事ノートは、日々の仕事に役立つ情報をお届けしています。仕事はゴールなきマラソン、いろいろな方の日々の仕事にお役に立てればと思います。

>>平蔵(へいぞう)のプロフィール

※2010年4月~2012年3月はFC2ブログのほうで更新していました。

RSSに登録

更新情報を簡単にまとめて配信しています。よろしければ、Googleリーダーなどに登録してみてください。


Facebookで共有

今、話題のFacebookの楽しさに気づいた今日この頃です。Facebookでもつながりを持てると嬉しいです。


Twitterで共有

Twitterでは、約3.000人の方々とつながることで出来ました。いろいろと情報共有できればと思います。


メールで購読

記事を1日分まとめて無料でメール配信しています。 下のテキストボックスにメールアドレスを入力して、購読するをクリックしてください。

スポンサードリンク

フェイスブックもチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に