【社員育成】ゆとり世代に対応できない上司のスキル不足が問題!

 

 

管理職の人は、熟読すべき記事。

 

一部の指導者は知っている、「ゆとり世代」を即戦力に育てる魔法

(1)常識を前提とした説教は、リーダーの怠慢に過ぎないことを心得る。
(2)人を指導する立場になったら「言葉の定義」を考える習慣を持つ。
(3)あえて若者の「理屈っぽさ」に付き合う。目線を合わせるのもリーダーの役割。

 

私の社会人なり立ての頃、年配の上司・顧客から「最近の若い者は使いものにならない」と良く言われた経験がある。

 

これらは、自分の知識・経験からの発言であり、いつの時代も年配者からの視点において若年層は「全てが足りない」。

 

ゆとり世代 – はてなキーワード

学習指導要領に「ゆとり教育」が盛り込まれた2002年度から2003年度において学校教育を受けた世代。生年に換算するおよそ1988年から2000年ごろまでに生まれた人々。

ゆとり教育 – Wikipedia

ゆとり教育とは、日本において、知識重視型の教育方針を詰め込み教育であるとして学習時間と内容を減らし、経験重視型の教育方針をもって、ゆとりある学校をめざした教育のことである。

 

自分がやりたいことだけをやればいいという考えを教え、その考えを教えた世代にさまざまな人格的影響を与えたという批判もある。

 

ゆとり世代が悪いのではなく、ゆとり世代に対応できない先輩・上司のスキル不足が問題。この事実に気付いて、先輩・上司が改善しなければ会社発展の礎となる若年層の戦力化はほど遠い

 

 

 

 

ゆとり世代の育成が、企業成長のカギ。

まずは、自分の指導方法から見直そう!

 

 

 

Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
仕事ノートを気に入ってもらえたらチェックしてみてください^^

こんにちは、平蔵(へいぞう)です。仕事ノートは、日々の仕事に役立つ情報をお届けしています。仕事はゴールなきマラソン、いろいろな方の日々の仕事にお役に立てればと思います。

>>平蔵(へいぞう)のプロフィール

※2010年4月~2012年3月はFC2ブログのほうで更新していました。

RSSに登録

更新情報を簡単にまとめて配信しています。よろしければ、Googleリーダーなどに登録してみてください。


Facebookで共有

今、話題のFacebookの楽しさに気づいた今日この頃です。Facebookでもつながりを持てると嬉しいです。


Twitterで共有

Twitterでは、約3.000人の方々とつながることで出来ました。いろいろと情報共有できればと思います。


メールで購読

記事を1日分まとめて無料でメール配信しています。 下のテキストボックスにメールアドレスを入力して、購読するをクリックしてください。

スポンサードリンク

フェイスブックもチェック

スポンサードリンク

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

*

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <strike> <strong>

トラックバックURL

ページ上部に